「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

3.11あの日のこと、あの日からのこと

3.11あの日のこと、あの日からのこと

震災体験から宮城の子ども・学校を語る

3.11アノヒノコト、アノヒカラノコト

著 者
ISBN
978-4-7803-0470-1 C0037
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
2011年09月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル


内容

つながりが紡ぐことばー被災地から踏み出す教育再生への一歩
なんとしても、3.11をことばとして残したい。それが今、私たち教師のだいじな仕事である。
つながりのなかで生まれることばのもつ力を信じ、今だからこそ、その力を頼りたい。
3.11は、現在の日本の教育全体への強い問いをはらんでいる。

目次

1
あの日のこと
2
あの日からのこと
3
子ども・学校・地域

読者の声

投稿者:男性 教員 57歳

評価: ☆☆☆
すばらしい内容だった。学校現場の3.11からの様子がよくわかった。特に現場の先生方の命をかけて子どもを守ったこと、そして被災してからの子どもへのケア、地域住民への献身的なボランティア活動等、私たち教員の誇りであります。私も教員として残り3年でありますが、子どもたちの命を守り、そして将来にわたって輝かせるためしっかりと子どもに寄り添いがんばります。

投稿者:女性 リトミック講師

評価: ☆☆☆
新聞で見てからすぐ取り寄せてもらい読みました。子どもたちの教育に関わる仕事をする者として何ができるかセンターの所長さんと電話で話をすることができました。この本と出会えてよかったです。感謝…ありがとうございます。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません