「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

地震

地震

3.11が教えてくれた防災の本 1

ジシン

著 者
ISBN
978-4-7803-0487-9 C8337
判 型
A4変型判 上製
ページ数
32頁
発行年月日
2011年12月
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

内容

「釜石の奇跡」の片田敏孝先生のはじめての児童書
3.11の経験を踏まえ、防災についてわかりやすく解説する全4巻シリーズ『3.11が教えてくれた防災の本』。
第1巻『地震』では、地震のメカニズムや防災の基礎知識を10問10答で解説。全見開きに1つ、3.11の震災現場の生の証言をのせました。導入部は絵本になっています。

目次

そのとき、あわてないために
1 どんなふうにゆれているのか?
2 どこで地震にあったか?
3 いつ地震にあったか?
自分の命は自分で守る
4 ひとりで自宅にいるときは、どうする?
5 火災が発生したら?
6 家族との連絡は?
7 建物にとじこめられたら?
地震情報を知ろう
8 緊急地震速報をきいたらどうするか?
9 テレビの地震速報で何がわかるのか?
10 どこに避難したらよいのか?
もっと知りたい
資料
さくいん

避難の3原則

1
想定にとらわれるな!
2
最善をつくせ!
3
率先避難者になれ!

「想定にとらわれるな」は、「ハザードマップを信じるな」といいかえてもよいでしょう。自分の身を守るには、ハザードマップを信じないで、どんな状況になっても自分の頭で考え最善をつくすこと(あきらめないこと)が、なによりたいせつです。そして、率先して避難しなければなりません。

著者プロフィール

片田 敏孝 カタダトシタカ

群馬大学広域首都圏防災研究センター長、群馬大学大学院工学研究科教授。専門は災害社会工学。「釜石の奇跡」をおこした人物として、にわかに脚光を浴びている。現在、市町村などからの要請により、講演や会議で全国を飛び回り、「想定に頼り切った防災ではいけない」と訴えている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報