「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

生と死の援助学

生と死の援助学

岡村重夫をメディウムとして

セイトシノエンジョガク

著 者
ISBN
978-4-7803-0612-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
292頁
発行年月日
2013年05月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

社会福祉の本質を斬新な切り口で解き明かす待望の書
本著は我が国社会福祉の理論的巨星・岡村重夫に多方面からアプローチ、解析、問題提起をおこなった力作である。
タイトルの「生と死の援助学」ーそれは「人間の援助学」として本著全体に貫かれている。
社会福祉は人間を直接対象とした専門分野であるがゆえに、そこに携わる者には高度な倫理観が求められる。
井上英晴が本著を通して展開している理論とともに、こうした人間論にも興味がそそられる内容となっている。

目次

はじめに
序章
援助
第1章
個別化
第2章
岡村理論の乗り越え?
第3章
障害
第4章
人間の学としての社会福祉学
第5章
死の援助
終章
役割概念の考察と岡村重夫への取り組みの展望

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません