「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

市民・地域共同発電所のつくり方

市民・地域共同発電所のつくり方

みんなが主役の自然エネルギー普及

シミン・チイキキョウドウハツデンショノツクリカタ

編著者
ISBN
978-4-7803-0696-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
176頁
発行年月日
2014年05月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

地域社会に好影響をもたらす再生可能エネルギー。
電力買収制度を活用し、市民・地域共同発電所を全国的に展開するために、多様な事例を紹介し、つくり方をコーディネートする。

目次

第1章
市民・地域共同発電所とは
第2章
市民・地域共同発電所の代表的事例
第3章
市民・地域共同発電所のつくり方(フロー)
第4章
市民・地域共同発電所の普及に向けて

こうすればできる!

1.
目指すもの、考え方
2.
基本的な条件、場所探し
3.
資金調達方法と組織づくり
4.
発電所づくりのスケジュール
5.
発電所の運営・管理

多様な全国の事例

NPOの取り組み:
自然エネルギー市民の会・エコプランふくい・えどそら
自治会・地緑組織:
山王自治会・福島県農民蓮など
地域貢献型:
龍大ソーラーパーク・徳島再生可能エネルギー協議会・多摩電力

著者プロフィール

和田 武 ワダタケシ

京都大学大学院工学研究科修士課程修了、工学博士。住友化学㈱中央研究所、大阪経済法科大学、愛知大学を経て、立命館大学産業社会学部教授・同特別招聘教授を12年間務める。現在、日本環境学会会長、自然エネルギー市民の会代表,政府の調達価格等算定委員会委員。

田浦 健朗 タウラケンロウ

気候ネットワーク事務局長、市民エネルギー京都代表、名古屋学院大学大学院非常勤講師

豊田 陽介 トヨタヨウスケ

気候ネットワーク主任研究員、日本環境学会常任幹事、自然エネルギー市民の会運営委員

伊東 真吾 イトウシンゴ

市民エネルギー京都専務理事、合同会社京都サンエネルギー職務執行者

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません