「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

裁判所がもとめる幼稚園・保育所の事故防止策

裁判所がもとめる幼稚園・保育所の事故防止策

その対策でだいじょうぶ?!

サイバンショガモトメルヨウチエン・ホイクショノジコボウシサク

著 者
ISBN
978-4-7803-0779-5 C0037
判 型
B5変型判
ページ数
118頁
発行年月日
2015年07月
価 格
定価(本体価格2,300円+税)
ジャンル

内容

幼稚園や保育園などで、実際に起きた事故の裁判の判例を題材にして、事故のどのような点に気を配るべきだったかを検討します。
裁判では幼稚園や保育園の側から、自分たちはこういうことに気をつけてやってきたので責任はないという主張がされています。それに対して裁判所が、それでは不十分であり、もっとこういう点にも気を配らなければならなかったという指摘をしています。
この本では、できるだけ多くの事例で、幼稚園や保育園の側の考えと裁判所の考えを対比できるようにイラストを交えて紹介します。

目次

第1章
基礎知識編
第2章
事例編
第3章
事故の予防と事後対応

読者の声

投稿者:女性 25歳 保育士

評価: ☆☆☆☆
事例が多く載っていて、分かりやすかったです。ネット社会になり、保育園にも配信力や災害防止策が必要な時代だと思います。そういった書籍も取り扱ってほしいです。

著者プロフィール

高橋 正人 タカハシマサト

弁護士・保育園理事

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません