「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

白井聡対話集

ポスト「戦後」の進路を問う

シライサトシタイワシュウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0949-2 C0031
判 型
四六判
ページ数
336頁
発行年月日
2018年02月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

『永続敗戦論』の著者の、各分野のトップランナーとの対談集。
安倍政権に至る戦後自民党政治の根本矛盾を明らかにし、その転換を迫る。

対談トップランナー

孫崎 享・水野 和夫・中島 岳志・中村 文則・信田 さよ子・佐藤 優
岡野 八代・栗原 康・内田 樹・島田 雅彦・馬奈木厳太郎・猿田 佐世

読者の声

投稿者:男性 57歳 会社員

評価: ☆☆☆
「永続敗戦レジーム」が日本のあらゆる部分を支配するという論点が白井聡氏と多彩な人たちとの対話の中で共振する。今の日本の国家の有り様が、悲観的、絶望的臨界点に達しているとしても、この対話は悲観論からの脱却と未来に希望をつなぐ方途を呼び覚ます。声高ではないが、一種のアジテーションのように読者を鼓舞してくれる、そんな対話集だった。

著者プロフィール

白井 聡 シライサトシ

1977年、東京都生まれ。京都精華大学人文学部専任講師。専門は政治学、社会思想。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(社会学)。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません