「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

持続可能な社会をつくる日本の保育

乳幼児期におけるESD

ジゾクカノウナシャカイヲツクルニホンノホイク

著 者
冨田久枝・上垣内伸子・田爪宏二・吉川はる奈
片山知子・西脇二葉・名須川知子
ISBN
978-4-7803-0961-4 C0037
判 型
B5判
ページ数
120頁
発行年月日
2018年04月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

ESDの視点で読み解き発展させるはじめての本!
今、世界の保育の中心的な潮流となっているESD(持続可能な開発のための教育)の理念は、地域に根差す実践を創造してきた日本の保育に内包されていたととらえ、子どもの発達と社会の持続可能性を追求する幼児教育を提案する。

もくじ

第1章
ESDに関する国際的な動向/冨田久枝
第2章
乳幼児教育・保育に内包されるESDの存在/上垣内伸子
第3章
ESDからみた子どもの発達とその支援/田爪宏二
第4章
「地域」における保育とESD─地域で育てる・地域で育つ/吉川はる奈
第5章
「自然」と保育のかかわりとESD/片山知子
第6章
「文化」という視点からとらえた保育とESD/冨田久枝
第7章
ESDの視点から見直す日本の保育史/西脇二葉
第8章
保育におけるこれからのESD─継承していく「もの」と創造する「こと」/名須川知子

編集者のコメント

環境教育や第三世界の理解というように思われがちなESDについて、日本の幼児教育・保育が地域のなかで創造してきた保育内容に内包されているものと捉えることで、世代間の生活文化の継承であったり、平和教育であったり、震災や社会問題の克服であったりと、子どもの発達と不可分の理念であることが見えてきます。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

保育通信
[2018年11月号]に紹介