「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

チベット問題とは何か

チベット問題とは何か

“現場”からの中国少数民族問題

チベットモンダイトハナニカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0194-6 C0031
判 型
A5判
ページ数
128頁
発行年月日
2008年06月
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

マスコミが報道しない中国少数民族問題を緊急出版!
中国チベット自治区のサラで、僧侶らのデモで死者が出て、北京五輪の聖火リレーへの抗議行動が活発化、中国人のナショナリズムも高揚した。しかし多くのマスコミは、この事件を政治的駆け引きとして報道し、少数民族と漢民族の対立を煽っている。この対立で笑う者は誰か、現場での矛盾や本質とは何か、「中国の真の友人」たらんとすれば何を言うべきか。長く中国少数民族問題を研究・暴動後にも訪中し、NHK日曜討論にも参加した著者による、緊急出版

目次

はじめに
第1部
チベット問題を正しく理解するために
1、中国政府の少数民族政策
2、本当に問題になっていることは何か
3、少数民族の文化、言語、宗教の問題
4、長野聖火リレーとオリンピックの政治利用について
5、「ダブル・スタンダード」だけは許してはならない
6、事態を打開するためには何が必要か
第2部
中国少数民族問題への経済学的接近
1、「同化」過程にある少数民族
2、イスラム教とチベット仏教の壁
3、経済問題としての少数民族問題
4、マルクス主義と民族問題ー民族性とは何か
5、結びにかえて
資料
1951年の17条協定、ダライラマの声明など

著者プロフィール

大西 広 オオニシヒロシ

慶應義塾大学経済学部教授、京都大学名誉教授、日中友好協会常任理事、世界政治経済学会副会長、北東アジア学会副会長、日本現代中国学会常任理事。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません