「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

中国に主張すべきは何か

中国に主張すべきは何か

西方化、中国化、毛沢東回帰の間で揺れる中国

チュウゴクニシュチョウスベキハナニカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0576-0 C0031
判 型
四六判
ページ数
252頁
発行年月日
2012年10月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

領土問題も中国社会の全体傾向を知ってこそ理解できる
・尖閣問題にどう向き合うのか!
・日中両国の国民・政府に問う!
・再び戦争をする気なのか!?
・相手国の主張を知ることが外交の前提だ
中国は経済大国化に伴い、ナショナリズムと覇権的外交を強め、尖閣問題が再燃している。領土問題をはじめ、マスコミが報じない路線間の争いの実態を明らかにしつつ、習近平新政権への批判的提言と、日本の取るべき対応を示す

目次

第1章
「脱イデオロギー」から「王道」に転換する中国外交
第2章
「脱イデオロギー」外交への転換はいつだったか
第3章 
尖閣問題、竹島問題と南沙問題をどう考えるか
第4章
「脱イデオロギー」ネット世論の実態と危険性
第5章 
薄煕来の重慶、呉仁宝の華西村および南街村
第6章 
中国経済の健全と不健全
第7章 
中国の政治行政システムは悪くない
第8章 
少数民族と宗教の問題について
補 論 
北米インディアン居留地で考えた中国の民族自治制度

読者の声

投稿者:男性 66歳 会社役員

評価: ☆☆☆
大西氏の著作は以前よりその独自の視点、現場重視主義に興味を引かれていました。今回も”毛沢東回帰”以下三つの志向性間で揺れ動く現状中国の分析の視点が鋭く、大西節炸裂というところ。次作、期待しています。

著者プロフィール

大西 広 オオニシヒロシ

慶應義塾大学経済学部教授、京都大学名誉教授、日中友好協会常任理事、世界政治経済学会副会長、北東アジア学会副会長、日本現代中国学会常任理事。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません