「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

手をつなぐ認知症介護

手をつなぐ認知症介護

かくさず、おくさず、みんなのなかへ

テヲツナグニンチショウカイゴ

著 者
ISBN
978-4-7803-0395-7 C0036
判 型
四六判
ページ数
176頁
発行年月日
2010年11月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

介護には、人を変える力がある!
それは、夫の認知症という診断を受けとめることから始まった。日々の状態の変化にゆらぎながら、たくさんの人と手をつないで、今しかできない人生を、自分らしく生きるために。「こんなときこうすれば」「こんなふうに工夫したら」という介護の知恵もいっぱい。在宅介護10年の記録から肉声が聴こえてくる。

目次

第1章
気づかぬうちに始まっていた
第2章
できるうちに、できることを
第3章
「ありがとう」の言葉に
第4章
支えられ、ゆらぎつつ
第5章
心のなかで泣きながら
第6章
看取りのとき

著者プロフィール

立花 美江 タチバナミエ

1940年川崎生まれ。若年性認知症の診断を受けた夫の在宅介護を、家族、地域の協力を得ながら、約10年間続けた。
認知症の人と家族の会岩手県支部世話人。

編集者コメント

若年性認知症の夫との16年の在宅介護の記録
認知症という診断の意味すら理解できなかった著者が、夫の症状をかくさないで、まわりの人たちと手をつなぐなかで、積極的に生きる介護にかわっていった、普通の主婦による希有な記録。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません