「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

挑発ある文学史

誤読され続ける部落/ハンセン病文芸

チョウハツアルブンガクシ

著 者
ISBN
978-4-7803-0481-7 C0091
判 型
四六判
ページ数
368頁
発行年月日
2011年10月 
価 格
定価(本体価格2,800円+税)
ジャンル

内容

『破戒』、住井すゑの諸作品、全否定されてきた小川正子の『小島の春』ほか、これまでくり返し論評されてきた部落問題、ハンセン病問題を扱った文学作品を丹念に読み返し、定説をくつがえす作家・作品論を提示する。

本書で言及するおもな作品

島崎藤村「破戒」住井すゑ「相尅」「橋のない川」「尊皇歌人佐久良東雄」吉開那津子「希望」杉山清一「特殊部落」北條民雄「いのちの初夜」島木健作「癩」仮名垣魯文「高橋阿傳夜刃譚」河竹黙阿弥「綴合於傳仮名書」岡本起泉「東京奇聞」山田風太郎「妖恋高橋お伝」幸田露伴「対髑髏」尾崎紅葉「巴波川」生田葵山「団扇太鼓」小川正子「小島の春」大西巨人「ハンセン病問題」神谷美恵子阿部知二「黒い影」検証会議「文壇におけるハンセン病観」

目次

1
戦前の部落問題文芸を概観する
2
二十一世紀を生きる『破戒』
発見! TVドラマ脚本『破戒』
3
住井すゑの出発点
『橋のない川』改訂箇所とその意味
長編小説『希望』の静かな流れ
4
〈差別小説〉『特殊部落』を検証する
5
深き「宿命」の淵から
検証会議
「文壇におけるハンセン病観」総批判

編集者のコメント

広く「差別小説」とのらく印を受けてきた作品を丹念に読み返し、その評価がいかにそのときどきの社会状況が反映したものであるか明らかにする。これまでの定説をくつがえす大胆な試み。

著者プロフィール

秦 重雄 ハタシゲオ

1953年生まれ。現在大阪府立高校教員。1978年立命館大学文学部卒。専門研究は「日本近代文学研究」で、「部落問題文芸」「ハンセン病と文学」「プロレタリア作家中西伊之助」の三分野を特に追究している。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません