「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ど〜んと来い 困りごと

ど〜んと来い 困りごと

ド〜ントコイコマリゴト

編著者
ISBN
978-4-7803-0547-0 C0036
判 型
四六判
ページ数
224頁
発行年月日
2012年06月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

病気、老化から家族のゴタゴタまでー
近畿地区信用金庫協のPR誌に長年連載され大好評の「何でも相談」を一冊にまとめた。医療にとどまらず、家族のゴタゴタから人生の悩みまで、経験豊富な早川氏が快刀乱麻に答える。

目次

第1章
病気や老化が心配  
第2章
身近な人のボケが心配 
第3章
独り暮らしの不安  
第4章
家族のゴタゴタ  
第5章
人生色いろ、悩みも色いろ

編集者のコメント

20年間にわたって小冊子に連載されてきた「ど〜んと来い、困りごと」。主婦を中心に切実な悩みごとが毎号編集部に届き、早川一光医師が懇切丁寧に答える。ユーモアに溢れたその回答は質問者を勇気づけた。相談別に読みやすく編集され家庭に必備の本となった。

著者プロフィール

早川 一光 ハヤカワカズミツ

1924(大正13)年、愛媛県生まれ。京都府立医科大学卒業。
1950(昭和25)年、京都・西陣に住民出資による白峰診療所を創設し、のちに堀川病院となり、院長・理事長を務める。
1998(平成10)年、京都府北桑田郡美山町の美山診療所の公設民営化に従事し、所長を務める。
2002(平成14)年、京都・衣笠に「わらじ医者 よろず診療所」を開設し、さまざまな医療相談を受けている。

関連情報

2012年7月21日出版記念会の様子