「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

わらじ医者 よろず診療所日誌

わらじ医者 よろず診療所日誌

ワラジイシャ ヨロズシンリョウショニッシ

著 者
ISBN
978-4-7803-0175-5 C0037
判 型
四六上製判
ページ数
160頁
発行年月日
2008年04月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

80歳でこそできる医療があった!
「わらじ医者」は80歳になって「白衣を脱ぎ」「薬を捨て、検査もやらず」「保険医指定も返上」して、診療費無料の診療所を始めた。それは、ただひたすらに聴く・触る・視る・問い語る医療である。真の地域医療とは何か、自宅で看取ることの意味など感動的な実践の数々は、現代の医療への痛烈な批判である。

目次

80歳でこその医療
1
汗と入れズミ
2
とられのバアちゃん
3
でんわ
4
ただ、ひたすらに
ー聴く。
5
ー触る
6
ー視る
7
ー問い語る。
8
無の中の無限
9
空飛ぶ診療所
10
学校、こわい
11
煙のバアちゃん
12
オーラのバアちゃん
13
遠隔老老介護
14
金魚すくいの介護

著者プロフィール

早川 一光 ハヤカワカズミツ

1924(大正13)年、愛媛県生まれ。京都府立医科大学卒業。
1950(昭和25)年、京都・西陣に住民出資による白峰診療所を創設し、のちに堀川病院となり、院長・理事長を務める。
1998(平成10)年、京都府北桑田郡美山町の美山診療所の公設民営化に従事し、所長を務める。
2002(平成14)年、京都・衣笠に「わらじ医者 よろず診療所」を開設し、さまざまな医療相談を受けている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません