「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ちょっと不思議な絵本の時間 おとなが読みあい語りあう 

ちょっと不思議な絵本の時間
おとなが読みあい語りあう

チョットフシギナエホンノジカン オトナガヨミアイカタリアウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0775-7 C0036
判 型
A5判
ページ数
132頁
発行年月日
2015年07月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

本書は、国際児童図書評議会(IBBY)よりIBBY障害児図書資料センター2017年推薦図書に決定しました。
(詳細は→日本児童図書評議会(JBBY))
絵本にはこんな力があったんだ!
高次脳機能障害者を支援するNPOが続けてきた絵本の読みあいは、コミュニケーション力を回復させている。
支援の可能性を広げる1冊。

Re〜らぶの毎日

廃油を使った手作り石けん、おせんべいやかりんとうなどの授産製品作り、また、会葬用品の箱詰めなど企業から請け負った作業をしています。得られた利益は、みなさんの工賃になります。

たのしみの水曜日

毎週水曜日は絵本の時間。昼食後、ボランティアさんが読む絵本について、感想や思い出したことを自由に話しあいます。進行役もメンバーさん。突っ込みが入ったり思わぬ打ち明け話にびっくりしたりの、たのしい時間です。この本は、10年続く絵本の時間から生まれました。

読者の声

投稿者:女性 72歳

評価: ☆☆☆
たいへん幸せな時間をいただきました。『Re〜らぶ』そのもののもつ絆と絵本のもつ力がよい循環をはたしていると思いました。「相手のいうことを否定しない」は大切なルールですが、実際問題、難しいルールですね。

著者プロフィール

NPO法人Re~らぶ(高次脳機能障がい者を支援する会)
エヌピーオーホウジンリ〜ラブ(コウジノウキノウショウガイシャヲシエンスルカイ)

2002年に活動開始。本人に自宅以外の居場所を作り、次のステップに向けた訓練を行いながら家族支援も進め、高次脳機能障害についての啓発活動にも取り組んでいます。現在は、就労継続支援B型事業所として、知的障害、精神障害、発達障害の方々も利用しています。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

IBBYのカタログ[2017年度版]に紹介

子どもの本の日フェスティバル2017

北海道新聞[2016年09月20日]に紹介