「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

扉を開けて

ひきこもり、その声が聞こえますか

トビラヲアケテ

編著者
共同通信ひきこもり取材班
ISBN
978-4-7803-1062-7 C0036
判 型
四六判
ページ数
160頁
発行年月日
2019年12月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

半数が「身近に当事者」
「当事者に会いに行こう、せめて扉の前まで」を合言葉に、中高年のひきこもりと8050問題、暴力的支援の実態、家族会、地域の見守り、就労現場、当事者の集いなどを丁寧に取材した共同通信の長期連載。
最新事情を加筆して、待望の書籍化。巻末に全国の相談窓口一覧も。
ひきこもりは、社会全体の問題である。

内容

第1章
川崎・練馬事件と8050問題
第2章
横行する自立支援ビジネス
第3章
ひきこもりを地域で支える
第4章
就労に踏み出すとき
第5章
ひきこもる女性たちの苦悩
第6章
全国に広がる家族会
第7章
声を上げ始めた当事者たち

関連情報

京都新聞
[2020年02月02日]に紹介