「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

手をつなぐ子育て

手をつなぐ子育て

思春期を見通して

テヲツナグコソダテ

著 者
ISBN
978-4-87699-880-7 C0037
判 型
四六判
ページ数
216頁
発行年月日
2005年06月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

実践的な子育てマニュアル本
子どもの危機が叫ばれる中、子どもの不安な心を見据え、親の都合ではなく、子どもの成長の必要という原点から子育てを問い直す。不登校問題、長崎少年事件の教訓も踏まえ、思春期を見通した子育ての大切さを説いています。

目次

第1部
危機の中の子育て
子どもの危機とは/親子関係の危機とは/子どもの発達の道筋ー言葉の発達について
子育てと家族にとって大切なこと/手をつなぐ子育てのために
第2部
不登校の子どもと向き合うために
子どもを苦しめるもの/不登校・登校拒否のとらえ方
不登校・登校拒否と子どもの心/新たな出発のために
第3部
長崎の少年事件から何を学ぶか
なぜくり返されたのか、長崎で/二つの事件から教訓を学ぶために
根本から問われた学校のあり方

著者プロフィール

広木 克行 ヒロキカツユキ

1945年、樺太生まれ。東京都立大学卒。東京大学大学院博士課程単位取得、教育行政学専攻。長崎総合科学大学教授を経て、現在神戸大学教授。
登校拒否を考える親の会相談員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません