「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

われらが胸の底

われらが胸の底

ワレラガムネノソコ

著 者
ISBN
978-4-7803-0826-6 C0095
判 型
四六判
ページ数
208頁
発行年月日
2016年03月 
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

私たちは、時代と社会にどのように向きあってきたか
戦中・戦後どのように社会と時代に向き合ってきたか、本気で語り合った。今の政治に異議を申し立て、希望を捨てずにたたかい続けたいと決意。
私は、私の生き方が好きなんだよと伝えてゆきたい。
 ●政治に異議を申し立て、希望を捨てずにたたかい続けたい。
  ●そして、デモを歩く若者たちのサポーターでありたい。

目次

死んではダメです(澤地久枝)
1
戦時下に生まれ育つ
2
戦後、社会へと育つ
3
ひとり立ちをする
4
社会と向きあう
5
若い人たちへの伝言
語り、耳傾け合うとき(落合恵子)

著者プロフィール

澤地 久枝 サワチヒサエ

1930年、東京生まれ。幼少期に父の仕事の関係から中国東北部(満州)へ渡り、そこで敗戦を迎える。18歳のとき、中央公論社に就職。そのかたわら、早 稲田大学第に文学部国文科を卒業。10年ほどの編集生活の後に、五味川純平氏の資料助手として『戦争と人間』の執筆を助ける。1972年に、『妻たちの 二・二六事件』を出版し、本格的な執筆活動に入る。事件の当事者たちからの聞き取り調査に基づく実証的な著述は、「昭和の語り部」としての独自な歴史ド キュメンタリーの世界を構築している。

落合 恵子 オチアイケイコ

1945年、栃木県宇都宮市に生まれる。明治大学英米文学科卒業後、1967年株式会社文化放送入社。アナウンサーを経て、作家生活に入る。
子どもの本の専門店「クレヨンハウス」と女性の本の専門店「ミズ・クレヨンハウス」を主幹。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません