「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

甦れ!経済再生の最強戦略本部

甦れ!経済再生の最強戦略本部

経済企画庁の栄光と挫折からその条件を探る

ヨミガエレ!ケイザイサイセイノサイキョウセンリャクホンブ

著 者
ISBN
978-4-7803-0938-6 C0033
判 型
四六判
ページ数
400頁
発行年月日
2017年12月
価 格
定価(本体価格2,700円+税)
ジャンル

内容

戦後の日本を復興させ、所得倍増を推進し、市場経済下で計画経済の道を探り、成長と国民生活のバランスに腐心した経済企画庁を廃止したのは正しかったのか。
経済まで「政治主導」になる現在、中立で公正な経済戦略本部の復活が求められるという観点で、経済企画庁に幕を引いた元事務次官が歴史を振り返る。
都留重人、大来佐武郎、宮崎勇、金森久雄など名を馳せた「志士」たちの生き様もリアルに描き出す。
作家、元経済企画庁長官 堺屋太一氏が推薦!

目次

まえがき
いまなぜ経済企画庁か
第一章
「戦後問題研究会」に集結した復興の志士たち
第二章
泣く子も黙る「あんぽん」
第三章
官庁エコノミストが命を懸けた経済白書
第四章
市場経済下の経済計画
第五章
行政の先駆け役を果たした国民生活局
第六章
見果てぬ夢を追い求めた総合開発局
第七章
国際経済の荒波に翻弄された70〜80年代
第八章
戦後最悪の不況の修羅場
終 章
経済企画庁が戦後日本経済に果たした役割

著者プロフィール

塩谷 隆英 シオヤタカフサ

1941年鎌倉市生まれ。1966年東京大学法学部卒業。同年経済企画庁入庁、同庁秘書課長、国土庁計画・調整局長、経済企画庁調整局長を経て1998年経済企画事務次官。その後総合研究開発機構(NIRA)理事長、株式会社クラレ取締役、早稲田大学客員教授、労働科学研究所理事長などを歴任。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません