「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

激変の北東アジア 日本の新国家戦略

ゲキヘンノホクトウアジア ニホンノシンコッカセンリャク

著 者
河東 哲夫 美根 慶樹津上 俊哉
ISBN
978-4-7803-1001-6 C0031
判 型
四六判
ページ数
208頁
発行年月日
2019年01月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

忖度しない官僚はこんなに大胆で柔軟な提言ができるのだ!
*目標は朝鮮半島の中立化!
*日本から北朝鮮経由でシベリアに至るエネルギー共同体!
*時代後れの核抑止に替わる安全保障!
米朝首脳会談後の停滞は日本が主体的に動かすべきだ。外交、経済、防衛の5 人の元官僚が豊富な経験をふまえて提言する。

目次

1 シナリオから探る日本の外交・安全保障 河東哲夫
はじめに
 1、朝鮮半島をめぐる展開のシナリオ
 2、Moment of Truth(正念場)時代の日本の国防
 3、Moment of Truth 時代の日本の外交
 4、世界国家、世界大乱、それとも中華秩序?
  おわりに AIとロボットの世界に向けて
2 「朝鮮半島の中立化」を進めるべきだ 美根慶樹
はじめに
 1、朝鮮半島をめぐる南北両陣営の対立
 2、南北双方に生まれた新陣営
 3、自主的な「統一」、「恒久的平和」は困難
 4、南北両陣営は動き出したか
 5、朝鮮半島の「中立化」を論じる
 おわりに コンセンサスの形成
3 中国の視点で読み解く北朝鮮問題 津上俊哉
はじめに
 1、北朝鮮問題における中国の立場と考え方
 2、大国同士を天秤にかける北朝鮮のDNA
 3、今後の北朝鮮情勢の展望
 4、北朝鮮の経済的ポテンシャル
 5、日本はどういう立場をとるべきか
4 エネルギー協力から北東アジア共同体へ 塩谷隆英
はじめに
 1、 6・12米朝首脳会談と北東アジア地域の課題
 2、日・中・韓FTAからRCEPへ
 3、天然ガスパイプライン・ネットワークの構築
 4、「北東アジア共同体」を目指して
5 安全保障は核抑止から利益による解決へ 柳澤協二
はじめに 日本の首相はなぜ被爆者の思いに応えられないか
 1、使えない兵器による抑止という論理がなりたつのか
 2、核がなければどのように戦争を防ぐのか
 3、戦争と平和における核
 4、米朝首脳会談の歴史的意義とはなにか
おわりに 日本が考えるべきこと

著者プロフィール

河東 哲夫 カワトウアキオ

元駐ウズベキスタン大使

美根 慶樹 ミネヨシキ

元駐ユーゴスラビア大使

津上 敏哉 ツガミトシヤ

元通産省北東アジア課長

塩谷 隆英 シオヤタカフサ

1941 年鎌倉市生まれ。1966 年東京大学法学部卒業。同年経済企画庁入庁、同庁秘書課長、国土庁計画・調整局長、経済企画庁調整局長を経て1998 年経済企画事務次官。その後総合研究開発機構(NIRA)理事長、株式会社クラレ取締役、早稲田大学客員教授、労働科学研究所理事長などを歴任。

柳澤 協二 ヤナギサワキョウジ

東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、国際地政学研究所副理事長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません