「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

アスベスト惨禍を国に問う

アスベスト惨禍を国に問う

アスベストサンガヲクニニトウ

編著者
ISBN
978-4-7803-0304-9 C0036
判 型
A5判
ページ数
96頁
発行年月日
2009年09月
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

国は、知っていた!
石綿紡織業100年の歴史を持つ大阪・泉南地域は、アスベストによる健康被害もまた深刻である。国は70年も前から、この地域の労働衛生調査を行うなど、深刻な実態をよく知っていたにもかかわらず、その規制と対策を長期にわたり怠ってきた。その責任を問い、アスベスト新法の見直し、真の救済スステムづくりを求める。

目次

まえがき
芝原明夫(弁護団長)
第一章
「時限爆弾」を抱えて—アスベスト被害者の叫び
(1)原告の手記、短歌
(2)アスベスト健康被害とはどのようなものか—水嶋潔医師
第二章
隠された被害の現場を歩く—泉南地域の実態
柚岡一禎(泉南地域の石綿被害と市民の会世話人代表)
第三章
アスベスト災害と国の責任
宮本憲一(元滋賀大学学長、日本環境会議名誉理事長)
付.アスベスト問題略年表

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません