「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

NHK番組改変事件

NHK番組改変事件

制作者9年目の証言

エヌエチケイバングミカイヘンジケン

編著者
ISBN
978-4-7803-0329-2 C0036
判 型
A5判
ページ数
96頁
発行年月日
2010年01月
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

「事件」は終わっていない!
9年前にNHKが放送した1本の番組(「問われる戦時性暴力」)をめぐって、いまだに議論が続いている。いわゆる「NHK番組改変事件」である。今回、当時の制作担当者(プロデューサーとデスク)の勇気ある証言によって、番組が政治家の圧力で歪められたという、NHKの根幹にかかわる事態が明らかにされた。NHKは依然としてその事実を否定し続けているが、事件は日本のジャーナリズムの現在を鋭く問い続けている。

目次

はじめに
第一部
そのとき何が起こったのか
一番組担当プロデューサー・デスク9年目の証言
第二部
討論「番組改変事件」から何を学ぶか
事件は終わっていない(松田 浩)

著者プロフィール

放送を語る会 ホウソウヲカタルカイ

NHKで働く労働者をはじめ視聴者、研究者、放送労働者の三者によって構成、フォーラムなどで放送について語り合い、考える場を提供している。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません