「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

絵本の風がふくとき

絵本の風がふくとき

子どもが絵本色に染まる

エホンノカゼガフクトキ

著 者
ISBN
978-4-7803-0686-6 C0095
判 型
A5判
ページ数
256頁
発行年月日
2014年05月 
価 格
定価(本体価格2,100円+税)
ジャンル


内容

絵本の魅力を語り尽くす!
絵本はどの読み手と出会うかで、その絵本の持つ特徴が変わります。大人が絵本のおもしろさに気付くことで、絵本に命が吹き込まれるのです。絵本オタクの著者が縦横無尽に360冊もの絵本を紹介し、その楽しみ方を語ります。

目次

絵本の風が吹くとき
1)絵本の花咲かせましょう
2)絵本でつながる子どもと大人
ここから絵本ははじまる
1)赤ちゃんとつながる言葉=絵本語
2)絵本をめくる~それは、はじめの一歩
3)子どもの心とコラボできる大人を目指す
絵本のやさしさのマインドタッチ
1)あわてない、あせらない、きっとええようになる
2)散歩は出会いを演出する~あってうれしい花いちもんめ
3)汽車・電車は人の心の鼓動となって走る
4)なぜか、子どもは妖怪絵本が好き
絵本を食べる
1)絵本で、ごはん、ゴハン、めし、メシ
2)絵本の食べ歩き~食べ物の絵本てんこ盛
絵本から発信されるぬくもり
1)自然に抱かれて心を癒す
2)絵本がいい眠りを約束する
3)お風呂ではじける絵本心
4)しあわせなら、手をたたこう
5)希望の虹橋
たかが絵本、されど絵本
1)絵本はなくても子は育つ?
2)保育に絵本は当り前?
3)保育環境としての絵本
フィナーレ

編集者コメント

保育者養成の第一人者である著者。とくに、絵本を通しての保育について研究してきただけあって、幅広く、自由で闊達な絵本の読み方を、縦横無尽に広げています。装画は著者のご友人である長谷川義史さん。

著者プロフィール

舟橋 斉 フナハシヒトシ

京都女子大学 発達教育学部児童学科教授。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません