「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

絵を聴く保育

絵を聴く保育

自己肯定感を育む描画活動

エヲキクホイク

著 者
ISBN
978-4-7803-0844-0 C0037
判 型
A5判
ページ数
136頁
発行年月日
2016年07月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

絵を聴いてもらい褒められ認められることは、子どもにとって心のごちそう。
自己肯定感や保育士・なかまとの信頼関係を育てる描画実践。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「せんせい、なに描いたのって、きいてよ!」ー手探りの描画実践に迷っていた時期、子どもにかけられた一言。子どもの絵によりそい、絵に込められた思いを聴くことから、子どもの発達や心を知ることができる。
絵画実践の手がかりに、本書がなることを願っています。

目次

序章
描画の発達段階
1章
描く活動の意識と方法
1 子どもの描画の意味
2 豊かな描く活動を育む条件
2章
子どもの発達と描く活動【乳児期】
1 0歳児クラスの描く活動
2 1歳児クラスの描く活動
3 2歳児クラスの描く活動
3章
子どもの発達と描く活動【幼児期】
1 3歳児クラスの描く活動
2 4歳児クラスの描く活動
3 5歳児クラスの描く活動
4章
仲間と育つ心と絵
あとがき

著者プロフィール

中山 ももこ ナカヤマモモコ

1964 年、高知県生まれ。高知学園短期大学幼児教育科卒業。27歳から保育士として約24年勤める。美術教育を進める会と出会い、描画活動の重要性を知る。鳥居照美氏、新見俊昌氏の著書や講演及び勉強会で、発達の道筋と日常的な生活画の大切さについて学ぶ。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません