「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

石川啄木

石川啄木

その社会主義への道

イシカワタクボク

著 者
ISBN
978-4-87699-830-2 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
256頁
発行年月日
2004年09月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

啄木の思想的発展に光を当てる
啄木の永遠の青年性と大衆性はどこからくるのか。歌人で啄木研究で著名な著者の論考集で、啄木の思想的発展に光を当てている。

目次

1
永遠の青年・啄木
子と家と社会とー啄木の短歌
小林多喜二と啄木ーその短歌観をめぐって
2
啄木論の一視点ーその教育像をめぐって
『林中書』をめぐって
3
萩原碌山と啄木
4
啄木と社会主義ーその指向への一考察
啄木・「社会主義文献ノート」の研究

著者プロフィール

碓田 のぼる ウスダノボル

高校教師を経て、日教組私学部長、全国私教連委員長、全教副議長、消費税をなくす全国の会常任世話人などを歴任。現在、新日本歌人協会代表幹事。歌集『花どき』で、第10回多喜二・百合子賞を受賞。

関連情報

現在はありません