「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

渡辺順三研究

渡辺順三研究

ワタナベジュンゾウケンキュウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0124-3 C0092
判 型
四六上製判
ページ数
208頁
発行年月日
2007年09月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

生きた感情を歌はなくてはならない
啄木以来の生活派短歌に階級的視点を導入したプロレタリア短歌の先駆者、渡辺順三。
彼の短歌に関わる戦前の3つの評論集を掘り起こし、その内容と現代的意義を検討する。著者の渡辺順三に関する三部作の完結編。

目次

1
渡辺順三における家系の研究
渡辺順三郎尚義について
河村善益について
2
第一評論集『階級線の一隅から』の一考察
第二評論集『短歌の問題』における問題
渡辺順三における詩との別れ
3
渡辺順三-人と作品
順三における口語短歌の世界
プロレタリア歌人同盟時代と順三
プロレタリア短歌
4
順三の声-一つの正誤訂正
ちりめんの小布
林田茂雄「順三と私の47年」
資料
渡辺順三に対する警視庁特別警察部
特高第一課「意見書」

著者プロフィール

碓田 のぼる ウスダノボル

高校教師を経て、日教組私学部長、全国私教連委員長、全教副議長、消費税をなくす全国の会常任世話人などを歴任。現在、新日本歌人協会代表幹事。歌集『花どき』で、第10回多喜二・百合子賞を受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません