「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

遥かなる信濃

遥かなる信濃

ハルカナルシナノ

著 者
ISBN
978-4-7803-0296-7 C0093
判 型
四六判上製
ページ数
304頁
発行年月日
2009年07月
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

来し方を綴る一期一会のエッセイ集
著者は歌人で石川啄木研究者。国鉄長野工場での見習工時代から始まり、夜間中学から東京物理学校での文学への目覚め、女子高校教諭時代に生徒も参加してたたかわれた解雇反対闘争、組合専従としての全国私教連結成までの道のり、そして故郷と母への回想・・・自らの半生を叙情豊かに綴った自伝的エッセイ集。歌人碓田のぼるの人生と芸術を育んだ、多くの人びととの〈邂垢〉のドラマが展開します。

目次

邂垢/湖畔/少年工/星稜の灯/ナイル河/学校/転機/花束/モンゴル高原/母の回想/オデッサ/西銀座

著者から

信濃と自分の姿をじっくり眺めてみたい、という思いが・・・
いま、自分をふり返ってみて、長く生きてきたような気もするし、また、あっという間であったようのも思ったりする。こんな感慨は、なんとも通俗的なことだと考えながらも、私には妙に実感的である。
そうした自分の来し方の中に、生国信濃がいつもまつわりついていた。時にはうっとうしく思いながらも、信濃は、年とともに私との距離を、いっそうせばめて来ている。そんな信濃と自分の姿を、じっくり眺めてみたい、という思いが早くからあった。
今回、一期一会のようなエッセイをまとめて上梓する機会を得て、私にはその念頭を果たせる喜びがある。

著者プロフィール

碓田 のぼる ウスダノボル

高校教師を経て、日教組私学部長、全国私教連委員長、全教副議長、消費税をなくす全国の会常任世話人などを歴任。現在、新日本歌人協会代表幹事。歌集『花どき』で、第10回多喜二・百合子賞を受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません