「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ひきこもりつつ育つ

ひきこもりつつ育つ

若者の発達危機と解き放ちのソーシャルワーク

ヒキコモリツツソダツ

著 者
ISBN
978-4-7803-0240-0 C0037
判 型
四六判
ページ数
200頁
発行年月日
2009年02月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

ひきこもりの支援の目標は、社会への適応を図ることではなく、あくまでも育ちの保障にあります。 “生きづらい” 社会を変える力をもった支援を
これまでの支援活動のなかで、著者が出会った若者たちからの「聴き取り」をもとに、「ひきこもり」のとらえ直しを行い、求められる支援と支援者のあり方について考えます。閉塞感のひろがる今日の日本社会において、ひきこもる若者はますます増えるのではないか。一方で、強制的な「連れ出し」に見られるような、侵襲的介入による人権侵害=「事件」も相次いでいる現実。そのなかで、「支援者」「ピア」「居場所」などの役割と課題について、ソーシャルワークの視点から、具体的に提案しています。

目次

第一章
発達課題と向き合う若者たちと支援の哲学
第二章
社会の変化とひきこもり
ー競争と孤立化のなかで育った若者たち
第三章
発達危機としてのひきこもり
第四章
ひきこもり支援と解き放ちのソーシャルワーク
第五章
地域で育つ若者たち
ー地域生活を支える社会的支援の構想
第六章
ひきこもりへとの対峙と自己の解き放ち
ー居場所実践を中心に
おわりに
実践の課題・研究の課題

著者プロフィール

山本 耕平 ヤマモトコウヘイ

立命館大学教授
全国社会的ひきこもり支援者連絡会事務局長
和歌山・麦の郷障害者地域リハビリテーション研究所事務局長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません