「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ともに生き ともに育つ ひきこもり支援

ともに生き ともに育つ ひきこもり支援

ソーシャルワークと協同的関係性

トモニイキトモニソダツヒキコモリシエン

著 者
ISBN
978-4-7803-0598-2 C0036
判 型
A5判
ページ数
176頁
発行年月日
2013年02月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

ますます増える「ひきこもり」の若者たち。医療系・教育系・福祉系・就労系など、さまざまな分野で取り組まれている支援の「問題」を克服する「参加と育ちあいのソーシャルワーク」としての「ひきこもり支援を提案。

目次

ひきこもる若者と向き合うソーシャルワーカー
若者支援の危険な傾向
人生と向き合う「生き場所」の創造
ひきこもりを親と子の課題としてとらえる
ひきこもりソーシャルワークの価値と倫方法
ひきこもりソーシャルワークの方法
「揺らぎ」のなかの協同的関係性
ソーシャルワーカーとして育つ若者たち

読者の声

投稿者:63歳 男性

評価: ☆☆☆☆
新自由主義の元で格差がひろがり、貧困やストレスから自信を失って、引きこまざるをえなかった「若者の生きづらさ」も伝わってきました。ひきこもりを真剣に支援する団体のあることも知りました。私は「若者の生きづらさ」の背景には、職の安全性の問題もあると思います。添加物の摂取が1日75グラム、年間にして27キログラム。また、規制緩和の元で、遺伝子組み換えの商品も…表示義務が取っ払われた物や、取っ払われようとしている物もあります。資料や肥料も通しての間接的摂取も含めて…。こんな多くの添加物の摂取が人間の健康に影響をもらたさないことはないと思います。個々的には健康の許容範囲だとしても…全体的に見て、また、晩発的に見ても…この面からの解明を望みます。

著者プロフィール

山本 耕平 ヤマモトコウヘイ

立命館大学教授
全国社会的ひきこもり支援者連絡会事務局長
和歌山・麦の郷障害者地域リハビリテーション研究所事務局長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません