保育実践のまなざし

保育実践のまなざし

戦後保育実践記録の60年

編著者

宍戸 健夫・渡邉 保博・木村 和子

西川 由紀子・上月 智晴

ISBN

978-4-7803-0366-7 C0037

判 型

A5判

ページ数

232頁

発行年月日

2010年06月

価 格

定価(本体価格2,200円+税)

ジャンル

保育・子育て

臨床の知を伝える
戦後、荒れ地に立った保育者たちは、どのように保育実践を創造してきたのか。子どもと向きあい、手さぐりで生み出した「保育」の魅力と特徴、今日に生かすべき内容について、22人の執筆者が約60冊の記録から俯瞰する。

はじめに

序章■戦後、保育実践はどのようにはじめられたか ……………… 宍戸 健夫

1章■敗戦から一九五〇年代[戦後保育実践の出発]


 文部省 保育要領—幼児教育の手引き 
 岸 和子 幼児時代
 乾孝・天野章 保育のための心理学 
 お茶の水女子大学附属幼稚園幼児教育研究会 幼児の教育内容とその内容
 高知保母の会 すべり台の子どもたち
 三木安正 年間保育計画

2章■一九六〇年代[伝えあう保育の開花]

 秋田美子 集団のなかで育つ1、2歳児の指導
 畑谷光代 つたえあい保育の誕生
 海 卓子 幼児の生活と教育
 中川李枝子 いやいやえん
 原田嘉美子・難波ふじ江 レンガの子ども
 清水えみ子 ちがうぼくととりかえて
 板谷年子 アカシアの木陰
 山口桂子 ワタシは保母
 名古屋保問研 これからの乳児保育
 久保田浩 幼児教育の計画

3章■一九七〇年代[あそび保育の発展]

 広岡キミエ 自由遊び
 久保田浩 あそびの誕生
 斎藤公子・川島浩 あすを拓く子ら
 清水住子 荒れ地に育つつくしんぼ
 長野幼年教育の会 口頭詩集ひなどり
 東京保問研生活指導部会 子どもの発達と集団 
 高瀬慶子 保育の探求
 東京保問研絵画部会 伝えあいの絵画教育 
 小松福三 体当たり幼児教育 
 全国男性保育者連絡会 「男性保育者」第1号
 稲垣倉造・稲垣フミ だめな子はいない
 舞鶴幼稚園 たてわり保育
 池内わらべ会 芽が出てふくらんで
 神戸大学附属幼稚園 3歳から7歳までの教育課程 

4章■一九八〇年代[多様な保育の創造]

 安部富士男 幼児に土と太陽を
 高田敏幸 耕せ耕せぼくらのからだ
 岩附啓子 エルマーになった子どもたち
 吉村真理子 0〜2歳児の保育手帳 
 久保・中村・丸尾 乳児の保育
 のと栄作 あそびを育てる
 労働者クラブ保育園 クラブ保育園の四季 
 朱い実保育園職員会 朱い実の子どもたち
 さくらんぼ保育園 ぼこんとうの心知っとうけぇ
 落合操・新田保育園 夢の砦
 一氏昭吉+衛都連 私の街の子ども生き生き


5章■一九九〇年代[共感を育てる保育の深化]


 丸尾ふさ・加藤繁美 つぶやきにドラマを見いだして
 田中美代子・教科研 自然が育てる意欲とかしこさ
 上岡勢津 今をいっぱいに輝いて 
 射場美恵子・神田英雄 納得と共感を育てる保育
 鶴川桔梗保育園・諏訪きぬ 保育がかわるとき 
 宍戸洋子 子どもたちの四季
 編集委員会+玉井邦夫 ゆらぎつつ子育て
 大阪保問研 ボクのなかに友だちがいる 
 菅野・小出 つかまったって泣かないよ 
 吉田直美 みんな大人にだまされた
 高橋光幸 はなまる保父のいいたいねっと通信
 木村和子 楽しさいっぱい鬼ごっこ

6章■二〇〇〇年代[父母とともにつくる保育の展開]


 近藤幹生 人がすき村がすき保育がすき 
 横川和夫 不思議なアトムの子育て
 蜂ヶ岡保育園 雨あめふれふれ
 山口千恵子 こころからだおおきくなあれ 
 麦の子保育園 親と子とともに生きる保育 
 保育びと編集委員会 給食人

終章■いま、保育実践史に学ぶ意味 ……………………………… 渡邉 保博

宍戸 健夫
1930年、横浜市に生まれる。
愛知県立大学教授、仏教大学教授を経て、同朋大学教授。教育学博士。
 
西川 由起子
京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科博士後期課程単位取得。現在、華頂短期大学・社会福祉学科児童福祉専攻助教授。 専門は発達心理学、保育学。保育園をフィールドとして、言語発達を中心に子どもの発達を研究している。
 
渡邉 保博
静岡大学勤務
 
木村 和子
名古屋短期大学勤務
 
上月 智晴
京都女子大学短期大学部勤務

関連書籍・記事

実践の目で読み解く 新保育所保育指針

実践の目で読み解く 新保育所保育指針

実践の質を高める保育計画

実践の質を高める保育計画

かかわりあって育つ子どもたち

かかわりあって育つ子どもたち

かみつきをなくすために PART2

かみつきをなくすために PART2

「かみつき」をなくすために保育をどう見直すか

かみつきをなくすために保育をどう見直すか

子どもの思いにこころをよせて

子どもの思いにこころをよせて