かかわりあって育つ子どもたち

かかわりあって育つ子どもたち

2歳から5歳の発達と保育

著 者

西川 由紀子

ISBN

978-4-7803-0633-0 C0037

判 型

A5判

ページ数

176頁

発行年月日

2013年08月

価 格

定価(本体価格1,600円+税)

ジャンル

保育・子育て

なぜ子どもの発達を学ぶ必要があるのですか?
子どもは一人ひとりが自分の人生を生きています。他人と比べるのではなく、その子の今とこれからの道のりを理解するためにも、発達の順序を知って保育することはたいせつなのです。
本書では2歳半ごろから5歳半までの子どもの発達を、認識の力、ことば、心の発達など、さまざまな側面から紹介します。保育の現場で役立つ1冊です!
子どもの発達のみちすじを2歳半ごろから5歳半ごろまで年齢別に、わかりやすく解説しました。保育現場のたくさんの事例を写真とともに紹介します。

第1章 なぜ、発達を学ぶのか?
第2章 2歳半ごろの子どもの発達と保育
第3章 3歳半ごろの子どもの発達と保育
第4章 4歳半の子どもの発達と保育
第5章 5歳半の子どもの発達と保育

西川 由起子
京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科博士後期課程単位取得。現在、華頂短期大学・社会福祉学科児童福祉専攻助教授。 専門は発達心理学、保育学。保育園をフィールドとして、言語発達を中心に子どもの発達を研究している。

関連書籍・記事

保育実践のまなざし

保育実践のまなざし

かみつきをなくすために PART2

かみつきをなくすために PART2

「かみつき」をなくすために保育をどう見直すか

かみつきをなくすために保育をどう見直すか

子どもの思いにこころをよせて

子どもの思いにこころをよせて