「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

保育者が基礎から学ぶ乳児の発達

保育者が基礎から学ぶ乳児の発達

ホイクシャガキソカラマナブニュウジノハッタツ

編著者
ISBN
978-4-7803-0430-5 C0037
判 型
A5判
ページ数
184頁
発行年月日
2011年05月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

「発達のみちすじ」を学ぶことは、子どもへの理解が深まる。
子どもってこんなふうに成長していくんだ!「子どもの発達のみちすじ」を学ぶことは、保育者としての保育に育む基礎となり、毎日の保育実践が楽しくなります。子どもの姿に納得ができるからです!
「発達のみちすじ」は、すべての人に共通するものです。

目次

はじめに
第1章
子どもの発達を理解する基本的視点
第2章
対人関係の土台をつくるー乳児期前半の発達と保育課題
第3章
乳児期前半から後半への飛躍を大切にー乳児期後半(前期)の発達と保育課題
第4章
1歳半を超える力の芽生えを大切にー乳児期後半(後期)の発達と保育課題
第5章
1歳半の節をゆたかに超えるー1歳半頃の発達と保育課題
補 論
保育実践と発達相談ー発達相談員の求められる専門性を中心に

読者の声

投稿者:女性 50歳 保育士

評価: ☆☆☆
この本がでていることを知りながら手に取らなかった3年が悔やまれます。丸山先生の「科学とロマン」に裏打ちされた、やさしい文章が、日々の至らぬ保育を励まし、振り返り自省させてくださいました。0歳からの「乳児」といわれる期間の子ども達が人として生きていく大切な土台を育てるために、愉快な幼児クラスをすごすために、何度も何度も朱を入れながら読み返していこうと思います!!

編集者のコメント

お待たせしました。!豊富な事例をもとにした「丸山先生の発達」本です!
あわせて「補論・保育実践と発達診断・相談ー発達員に求められる専門性を中心に」を掲載しました。

著者プロフィール

丸山 美和子 マルヤマミワコ

仏教大学・社会福祉学部社会福祉学科教授
広島大学教育学部卒業、大阪教育大学大学院修士課程修了後、東大阪市教育研究所研究主事として発達相談・研究に従事。
1988年から仏教大学に勤務。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません