「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

保育現場に生かす「気になる子ども」の保育・保護者支援

保育現場に生かす
「気になる子ども」の保育・保護者支援

ホイクゲンバニイカスキニナルコドモノホイク・ホゴシャシエン

編著者
ISBN
978-4-7803-0197-7 C0037
判 型
A5判
ページ数
176頁
発行年月日
2008年08月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

「気になる子ども」の保育に悩む保育士さんへ!
ここ数年、「気になる子どもが増えた」という保育者の実感をよく耳にします。そんな子どもへの理解と保育をどう援助していったらよいのか。また「対応の難しい保護者」の問題もあります。「気になる子ども」もいろいろあり、その中にはLD・ADHD・高機能障害などの「軽度」発達障害がある子どもが多くふくまれると考えられます。保育現場で悩む保育士さんに、「気になる子ども」の保育実践で大切にすべきことなどを、事例報告と実践で紹介します。
「気になる子ども」に関する保育者へのアンケート調査も掲載しました。

目次

はじめに
第1章
「気になる子ども」の発達的理解
第2章
「気になる子ども」の実態と保育者の問題意識
保育者へのアンケート調査より
第3章
言語性優位のLDと診断されたNちゃん
保育実践の現場から
増本実践から学ぶこと
第4章
「気になる子ども」の保育実践で大切にすべきこと

編集者のコメント

「気になる子ども」の保護者も、やっぱり「気になる親」なのか? 「気になる子ども」といっても、いろいろあって、軽度の発達障害をかかえる「気になる子」という場合もある。子どもの障害を発見できる保育士さんはすごい力をもっていると思う。

著者プロフィール

丸山 美和子 マルヤマミワコ

仏教大学・社会福祉学部社会福祉学科教授
広島大学教育学部卒業、大阪教育大学大学院修士課程修了後、東大阪市教育研究所研究主事として発達相談・研究に従事。
1988年から仏教大学に勤務。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません