「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

発達障害のある子どもと話す27のポイント

発達障害のある子どもと話す27のポイント

わかりたい気持ちを高めるために

ハッタツショウガイのあるコドモトハナス27ノポイント

編著者
ISBN
978-4-7803-0459-6 C0037
判 型
B5判
ページ数
112頁
発行年月日
2011年08月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

発達障害や知的障害のある子ども・青年が理解しにくい、つまずきやすいことばによるコミュニケーション。理解を助け、力を高めるための指導方法を27のポイントで。保護者や指導者が働きかけるためのエビデンスを示したのが特徴。

本書の特徴

1
ていねいに話しかけても伝わらない。話している内容をほんとうに子どもはわかっているのか・・・発達につまずきのある子どもへの具体的なコミュニケーション支援の方法を、27のポイントごとにわかりやすく紹介します。
2
大人から子どもへとただ伝えるのではなく、子ども自身が表現やコミュニケーションの力を高めていくことで、生きる意欲につなげていくことを重視しています。
3
発達協会がすすめている医療・療育・啓発3分野の取り組みや、調査・研究活動から導き出された指導のためのエビデンスを、ポイントに即して示しています。

目次

【27のポイント】

1、
言えることばの数と理解力は一致しない。
2、
言えても理解していない。
3、
一度に覚えられる単語の数には限度がある。
4、
抽象化に問題がある。
5、
疑問詞の理解度を知る。
6、
理由が言えない/わからない場合がある。
7、
わかりにくい「もしも」の仮定文
8、
能動と受動の区別がつきにくい。
9、
感情をコントロールする力。
10、
わかりにくい時間とお金。
11、
反対類推の障害。
12、
振り返る力を知る。
13、
伝わりにくい「あいまいな表現」。
14、
わかりにくい「指示代名詞」。
15、
抽象的な気持ちのことば。
16、
位置を示すことば。
17、
質問にこたえる。
18、
子どもの判断が変わる場合。
19、
正しい答えには要注意。
20、
すぐに「わかりません」と言う。
21、
文章の一部に反応する。
22、
過去の経験に影響される。
23、
緊張しやすいコミュニケーション場面。
24、
丁寧な言い方を教える。
25、
尊重したい自分の気持ち。
26、
クオリア表現は有効。
27、
いっしょにやることの大切さ。

読者の声

投稿者:35歳 女性

評価: ☆☆☆
ポイントが分かりやすく書かれていて、活用できました。

編集者のコメント

発達障害をもつ子には「丁寧に話しましょう」といった「常識」が、かえて子どもを混乱させることもある。「話が伝わらない」「気持ちが通じない」と悩んだときに、具体的に参考になる手引き。

著者プロフィール

湯汲 英史 ユクミエイジ

早稲田大学第一文学部心理学専攻卒
(社)発達協会王子クリニックリハビリテーション室
同協会常務理事、言語聴覚士、精神保健福祉士
早稲田大学教育・総合科学学術院客員教授

小倉 尚子 オグラナオコ

上智大学社会福祉学科卒
(社)発達協会赤羽指導室室長
言語聴覚士、精神保健福祉士、社会福祉士
墨田区保育園、練馬区学童クラブ巡回相談員

一松 麻実子 ヒトツマツマミコ

藤野 泰彦 フジノヤスヒコ

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません