「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

引き返す道はもうないのだから

引き返す道はもうないのだから

池田香代子の怒りの処し方 1

ヒキカエスミチハモウナイノダカラ

著 者
ISBN
978-4-7803-0642-2 C0095
判 型
四六判
ページ数
250頁
発行年月日
2013年09月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

文学者だっていうべきときには言います!
原発から沖縄、平和、政権論まで、政治・社会に鋭く切り込む、たおやかでポップなエッセイ集。
3・11後の日本は、「新しい道をつけながら、なつなつかしい未来を目指すしかないのだ」と説く。

目次

1
静かに怒りを燃やす東北の鬼
2
トカゲのしっぽ 蟻の影
3
保守主義の島・沖縄
4
原爆忌から
5
保守主義的未来志向
6
政権交代 一炊の夢の検証
7
引き返す道はもうないのだから

読者の声

投稿者:女性 81歳 無職

評価: ☆☆☆☆
「集団的自衛権をあと一週間で閣議決定するから公明党は承服せよ」という日に、池田香代子さんの話を聞きました。ほんとうの冒頭。段落の一字空けがないのにびっくりしました。ひとつの文節を一字空けなしで始める、新しいスタイル。

著者プロフィール

池田 香代子 イケダカヨコ

ドイツ文学者、児童文学者、翻訳家、エッセイスト、平和運動家。世界平和アピール七人委員会メンバー。

本文から

引き返せ、と小さな声が聞こえる。しかし、もと来た道、引き返すべき道は消えている。
別の、新しい道をつけながら、なつかしい未来を目指すしかないのだ。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

2013年11月15日
信濃毎日新聞[2013年11月13日]に紹介

信濃毎日新聞[2013年11月13日]に紹介