「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

マルクスの心を聴く旅

マルクスの心を聴く旅

若者よ、マルクスを読もう(番外編)

マルクスノココロヲキクタビ

著 者
ISBN
978-4-7803-0856-3 C0030
判 型
四六判
ページ数
240頁
発行年月日
2016年09月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

1、2巻目とも大好評の「若者よ、マルクスを読もう」の番外編。今回はなんと、マルクスが生まれ、革命に身を投じたドイツ、「資本論」が誕生したイギリスへと旅してきました。
のちの時代に勝手に解釈されたマルクスではなく、マルクスが当時、何を見て、どう捉えていたのかを肌で感じて、内田さんと石川さんの対談が盛り上がりました。グリム翻訳家で名高い池田さんも参加して、グリム(兄)とマルクスの交錯を語ります。

目次

第一部
ドイツ編
対談1:マルクスを時代背景のなかで読むこと
第二部
グリム編
講演:ドイツ三月革命(1848年)とフランクフルト憲法
第三部
イギリス編
対談2:『資本論』を生んだ地で資本主義を考える

読者の声

投稿者:男性 69歳

評価: ☆☆☆☆
本書にある旅行を知っていたら参加したかったと思った。「19世紀のマルクス」「20世紀のマルクス」はとても興味深い。マルクス主義がカナダでどう展開したのか知りたいですね。再び「資本論」に挑戦。

著者プロフィール

内田 樹 ウチダタツル

1950年生まれ。
東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院博士課程中退。現在、神戸女学院大学文学部教授。専門は、フランス現代思想、映画論、武道論。『日本辺境論』で2010年日本新書大賞受賞。
ブログ:内田樹の研究室
ブログの中で「マルクス」にふれたもの
2010年2月14日
2009年9月9日

石川 康宏 イシカワヤスヒロ

1957年生まれ。
立命館大学2部経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科卒業。現在、神戸女学院大学文学部教授。専門は、経済理論。
ブログ:はげしく学び はげしく遊ぶ

池田 香代子 イケダカヨコ

ドイツ文学者、児童文学者、翻訳家、エッセイスト、平和運動家。世界平和アピール七人委員会メンバー。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

若者よ、マルクスを読もうⅡ

若者よ、マルクスを読もう

理論劇画 マルクス資本論