「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

放射線被爆の理科・社会

放射線被曝の理科・社会

四年目の「福島の真実」

ホウシャセンヒバクノリカ・シャカイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0743-6 C0036
判 型
A5判
ページ数
192頁
発行年月日
2014年12月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

『美味しんぼ』騒動で明るみに出た放射線被曝の影響に関する世論の分裂。この問題での対立が、原発をなくしたいという国民の合意をも分裂させる状況に危機感を抱いた科学者が、自然科学と社会科学の両面から、この問題を解明する。低線量被曝の影響について、「分かっていない」と言われることが多いが、「分かっている」ことだってたくさんある。内部被曝は危ないと言われるが、人は「これは食べない」という判断ができるので、内部被曝だからこそ影響をコントロールできるのだ。福島の食品は安全なのか、福島は人が住める場所なのかの論争は、本書を読んでからにしようではないか。

目次

はじめに
私たちの伝えたいこと
第1章
低線量被曝をめぐる論争を検証する
第2章
「福島は住めない」のか
第3章
「福島の食品は危ない」のか
第4章
福島の今とこれから
第5章
原発住民運動と放射線問題
あとがき
科学への信頼と回復を

著者プロフィール

児玉 一八 コダマカズヤ

医学博士・理学修士

清水 修二 シミズシュウジ

元福島大学副学長

野口 邦和 ノグチクニカズ

日本大学准教授・福島大学客員教授

関連情報

現在はありません