「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

仏教と歴史に関する19の断想

ブッキョウトレキシニカンスル19ノダンソウ

著 者
ISBN
978-4-7803-1019-1 C0095
判 型
A5判
ページ数
272頁
発行年月日
2019年04月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

弁護士となって50年。薬害スモン・水俣病・薬害ヤコブ病などの裁判に社会派弁護士として精力的に取り組む。またそのかたわら、専修念佛塾に通うなかで自身が傾倒する「法然」の宗教思想を読み解く。

目次

専修念佛の御同行として  
じめに
Ⅰ部 仏教 法然の仏教思想に学ぶ
 1 「一枚起請文」のことなど
 2 「一紙小消息」を読む
 3 「四誓偈」を読む──「普済諸貧苦」の悲願
 4 「一枚起請文」再論──加藤周一『日本文学史序説』を読む
 5 法蔵菩薩の第一願によせて──福島原発事故と薬害イレッサに思う
 6 非戦の思想を受けつぐ人々─反戦僧侶・竹中彰元のことなど
 ●時代悪と人間悪  阿満利麿
Ⅱ部 歴史 『大森町郷土史』を読む
 1 「宝暦の板井田事件」──近世農民の抵抗の歴史に学ぶ
 2 飢饉と「飯米供養塔」──『大森町郷土史』を読む
 3 「飯米供養塔」について(再論)──文化の多様性を考える
 4 飢饉と人身売買──『大森町郷土史』を読む(補遺)
Ⅲ部 日本の近現代の歴史をふりかえる
 1 「樺戸集治監」のことなど──吉村昭『赤い人』を読んで
 2 「花岡事件」のこと──水上勉『釈迦内柩唄』を読んで
 3 村田喜代子『ゆうじょこう』を読む
 4 後藤正治『清洌 詩人茨木のり子の肖像』を読む
 5 奥田英朗『オリンピックの身代金』を読む
 6 乙川優三郎『脊梁山脈』を読む──日本社会のあり様を問いかける
 7 梨木香歩『海うそ』を読む──廃仏毀釈のもたらしたもの
 ●いい日だった、茨木邸訪問 戸村雅子
Ⅳ部 鼎談 「あれもこれもいい」でいいのか?
    多様性を尊重し、不正義を批判する力となる仏教
 ●座談会に参加して──加藤新平先生のことなど
 ●鼎談を終えて──「摂取不捨」に基づく社会をつくる道
Ⅴ部 「父さん」への詫び状
おわりに   

著者プロフィール

中島 晃 ナカジマアキラ

1943年生まれ。1967年東北大学法学部卒業。1969年弁護士登録。1984年に市民共同法律事務所を開設。薬害ヤコブ病大津訴訟弁護団、薬害イレッサ西日本弁護団、石原産業フェロシルト事件弁護団などの団長をつとめる。全国公害弁護団連絡会議代表、京都・まちづくり市民会議事務局代表、薬害対策弁護士連絡会代表などを歴任。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

京都新聞
[2019年4月21日]に紹介