「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

景観保護の法的戦略

景観保護の法的戦略

景観・アメィティに関する裁判と環境政策の形成

ケイカンホゴノホウテキセンリャク

著 者
ISBN
978-4-7803-0118-2 C0032
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2007年08月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

景観問題の裁判の歴史をたどると環境が人の暮らしにいかに大切な要素かという事がわかる。景観保護の法規制と環境政策についても言及

目次

第1章
序論
第2章
景観・アメニティに関する裁判の動向
第3章
環境政策の形成と人格権
第4章
景観保護をめぐる法制度の動向
第5章
環境政策と財産権の制限
第6章
最高裁判判決の検討と今後の課題

編集者のコメント

筆者の弁護士・中島晃氏は、京都スモン訴訟(弁護団事務局長)・水俣病(京都弁護団副団長)・薬害ヤコブ病(大津訴訟弁護団長)などの弁護団の一人として活躍する社会派弁護士です。現在は、薬害イレッサ西日本弁護団長としても裁判中です。
いま現在は薬害などの裁判を手がけることが多いのですが、実は「景観問題・まちづくり」に、長年取り組んでおられます。多忙を極める弁護士生活のかたわら、京都大学大学院地球環境学舎博士課程に在籍し、環境政策の形成と公害環境裁判をテーマにした研究に取り組んでこられました。
本書は、その学位論文をもとにして、それに若干の加筆、修正をしてまとめたものです。論文というと難解かと思われるかもしれません。しかし、世間をにぎわした東京・国立市のマンション訴訟の裁判を、東京地裁から最高裁までの判決をもとに、どこが争点になり、こういった結果になったと、大変論点をわかりやすく詳述しています。併せて、京都の景観問題を取り上げています。
景観問題の裁判が意外に古くから争われていたのも分かり、景観・アメニティの問題は、時代の背景・住民意識とも関わりがあることが分かり、大変おもしろい本です。

著者プロフィール

中島 晃 ナカジマアキラ

1943年11月生
1967年3月 東北大学法学部卒業
1969年4月 弁護士登録 京都弁護士会入会
1984年4月 市民共同法律事務所開設
2004年4月 京都大学大学院地球環境学舎編入学
2007年3月 同大学大学院修了、地球環境学博士

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません