「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

カメムシな夜

カメムシな夜

カメムシナヨル

著 者
ISBN
978-4-7803-0115-1 C0084
判 型
四六判
ページ数
268頁
発行年月日
2007年08月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

まあいっぺん読んでみて!笑えます
あるときは革ミュージシャン、またあるときはホームレスさんの「おトモラチ」、観客の入らないマイナー映画をこよなく愛し、診察室ではヤクザの兄ちゃんを脅し輸す医者・・・そのココロは?
カメムシな夜て、みんなから嫌われている、あのくさいカメムシのことでしょ。だいいちカメムシな夜は文法的におかしいのと違いますかなど言っていただき、題名はこれしかないと決めたしだいです。

目次

●カメムシな夜
酔っぱらいの男たちの一夜を軽妙に描く巻頭小品ほか。
●ぼくの夕やけ空
トンボつりの虜になった少年の夏。どこまでもなつかしい短編秀作。
●あごひげ診療譚
30年におよぶ連載エッセイからセレクトした21編。へんこつ外科医の本領ここに。
●ヘンタイよい映画
面白かったらええやん。マイナー作品にひたすらこだわる異色の映画評。

著者プロフィール

福島 昌山人 フクシマショウサンジン

1938年(昭和13年)京都生まれ、医療法人福島医院院長、日本ペンクラブ会員、「滋賀作家」同人、自由律俳句「層雲」同人

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません