「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

公共サービスが崩れてゆく

公共サービスが崩れてゆく

かもがわブックレット 168
民営化の果てに

コウキョウサービスガクズレテユク

著 者
ISBN
978-4-7803-0144-1 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2008年01月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

「小さな政府」の掛け声のもとに、公務員は減らされ、仕事がパートや民間にまかされていく。だが、その結果、重要書類を未経験者が扱い、保育園や病院では事故が多発する。公務員バッシングは、矛先を変えて国民に向かってはこないか。現状を告発し、展望を語る。

目次

1、
霞が関の主力は非正規労働者?
2、
「市場化テスト」は何を生み出す?
3、
崩壊する公共サービス
4、
「民」は「官」より優れているか
5、
民営化の未来はバラ色か
労働組合の立場 小田川義和(全労連事務局長)
「小さな政府」ではなく「もう一つの日本」を

著者プロフィール

藤田 和恵 フジタカズエ

早稲田大学卒。北海道新聞記者(本社社会部、東京支社政経部)をへて、現在、フリーライター。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません