「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

銀月に踊るユーモレスク

銀月に踊るユーモレスク

ギンゲツニオドルユーモレスク

著 者
ISBN
978-4-7803-0215-8 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
258頁
発行年月日
2008年10月
価 格
定価(本体価格1,905円+税)
ジャンル

内容

魅惑のエッセイ
透き通った感性と美しい文章。世界を舞台に活躍するヴァイオリ二ストが、ステージで語りつくせない燃ゆる思いをつづるエッセイ集。

目次

第1章
祭と京緋色
第2章
ぼくもインドで考えた
第3章
茉莉花の花よ、咲きほこれ
第4章
アンネは無国籍
第5章
さまよえる音樂人
第6章
つまの間の恩恵
第7章
明けしモーツァルト

著者プロフィール

松野 迅 マツノジン

大阪生まれ。8歳よりヴァイオリンを始め13歳で協奏曲のソリストとしてデビュー.京都市立芸術大学卒業後、日本国内にとどまらずヨーロッパやアジア各地で活躍。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません