「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

子ども理解のカンファレンス

子ども理解のカンファレンス

育ちを支える現場の臨床教育学

コドモリカイノカンファレンス

著 者
ISBN
978-4-7803-0306-3 C0037
判 型
四六判
ページ数
224頁
発行年月日
2009年10月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

その瞬間、子どもにかける言葉・声の調子・表情は.....?
現場での判断と対応に発達援助の専門性の輝きを見い出す!
学校・幼稚園・保育園など発達支援の専門職に求められる子ども理解と実践力。現場の経験知を共有する方法をエピソードゆたかに解説。

目次

序 章
子ども理解と現場の育ち
第1章
その瞬間、子どもにどう対応したかー日常の中に専門性を探る
◎「ババァ」攻撃の真菜ちゃんと
◎「先生の言うこと聞いても、全然かしこくならへんやん」
◎暢也くんはアスペルガー?
◎目の前の出来事に立ちすくんでも
◎専門職のアンテナ(ほか)
第2章
発達を援助する専門職に求められるもの
◎すべては子どもを深く理解することから
◎攻撃的感情を溶解させるものはなにか
◎子どもの生活世界と「いじめ」指導のリアリティ
第3章
現場がつくる臨床教育学
◎子ども理解と臨床教育学
◎管理をのりこえる学校創造と臨床教育学
◎発達援助専門職としての教師像と臨床教育学

読者の声

投稿者:女性 教員

評価: ☆☆☆
教員免許更新講習で、福井先生の講義を受け、この本を紹介されたので、すぐ購入しました。事例がたくさんのっていること、わかりやすいことばで書かれているので、共感しながら読むことができました。
 私は、特別支援学校の教員ですが、教育の根っこは同じだと思いました。

著者プロフィール

福井 雅英 フクイマサヒデ

1948年1月、滋賀県安土生まれ。立命館大学法学部卒業。
滋賀県内で小・中学校教師31年。その間、滋賀大学大学院教育学研究科(修士)、神戸大学大学院総合人間科学研究科(博士)修了。学術博士。武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科助教授を経て、現在は北海道教育大学教職大学院教授。
専門は臨床教育学、教師教育、日本教育史。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません