「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

検証 天下盗り原論

検証 天下盗り原論

池田大作著『立正安國論講義』を解き明かす

ケンショウ テンカドリゲンロン

著 者
ISBN
978-4-7803-0356-8 C0031
判 型
四六上製判
ページ数
416頁
発行年月日
2010年05月 
価 格
定価(本体価格2,200円+税)
ジャンル

内容

本格的論表が出現!
池田大作氏の『立正安國論講義』を全面的に検討することによって、なぜ創価学会が政党を結成し、政権奪取をめざすのかを読み解く。

目次

第1章
立正安國論講義の序章
第2章
講義検証 言論出版妨害の勃発を示す
第3章
講義検証 言論妨害と言論抑圧・弾圧の実態を明かす
第4章
講義検証 教説とメディア戦略の実態を明かす
第5章
講義検証 権力志向の付属論における総別の二義を明かす
第6章
講義検証 権力掌握と政教不分離の逆説方程式を示す
第7章
講義検証 選挙制度にみる政教一体の戦いを明かす
第8章
講義検証 政教主従と三宝の本質を明かす
第9章
講義検証 講場対決・国家諫暁の現代的意味を明かす
第10章
立正安國論講義の現象
第11章
立正安國論講義の前夜(1)
第12章
立正安國論講義の前夜(2)
終 章
立正安國論講義の帰結
補 論
政治と宗教の関係補説
第1章
政治と宗教の関係を明かす
第2章
グレゴリウス七世と叙任権闘争を観る
第3章
ビスマルクとその文化闘争を観る
第4章
切支丹弾圧と政教一致の国際戦略を観る

著者プロフィール

高橋 昭英 タカハシアキヒデ

1948年 神奈川県小田原市生まれ
1975年 中央大学文学部ドイツ文学科卒業
電機メーカー退職後、現在はフリー

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません