「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

巨象を撃つ

巨象を撃つ

NTTの不正を告発したリサイクル業者死闘の記録

キョゾウヲウツ

著 者
ISBN
978-4-7803-0426-8 C0036
判 型
四六判上製
ページ数
268頁
発行年月日
2011年03月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

闇に消えた“都市鉱山”
海外違法転売を支えたNTTの責任を問う
不正を告発したー業者によるドキュメント
国策として、通信機器のデジタル化が急速にはかられた1980年代、大量のアナログ通信機器が撤去された。希少金属を抽出し、解体処理されるはずだったアナログ機器をNTTはどのように扱ったか。法令無視・海外転売・談合を前提に成り立っていた業界の実態、それを熟知しながら黙認し続け、ひとたび不正を指摘されるとうそを積み重ね隠蔽したNTTの厚顔を告発する。

目次

第1章
NTTの「宝の山」
第2章
アナログからデジタルへ
第3章
談合と海外転売
第4章
NTTにハメられた
第5章
精査なき判決
第6章
巨象に挑む
終 章
立川敬二さん、返信はいついただけるのでしょうか。

本書の問題に関わる人たち(敬称略)

[国会議員]
鈴木宗男・阪上善秀・保岡興治・河本敏夫
[NTT幹部]
立川敬二・和田紀夫・江部努・大竹伸一
[団体]
関西電々資源事業協同組合・全日本同和会

著者プロフィール

福本 勝美 フクモトカツミ

昭和13年川崎市生まれ。兵庫県福崎町で育つ。兵庫県立福崎高校卒業後、会社員を経て、兵庫県内に少林寺拳法の道場を設立、指導者として働く。1970年、鉄鋼材のリサイクル会社を設立。1985年よりNTT(当時電電公社)の指名業者となり、業界の不正とそれを容認するNTTを追及する。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません