「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「クラスだより」で響き合う保育

「クラスだより」で響き合う保育

子どもと親と保育者でつながるしあわせ

クラスダヨリデヒビキアウホイク

著 者
ISBN
978-4-7803-0464-0 C0037
判 型
A5判
ページ数
224頁
発行年月日
2011年08月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

みんなでつながって、響き合ってみませんか?
4歳児クラスを2人担任した時に、ほぼ毎日クラスだよりを書いた実践と、そこから見えてきた「クラスだより」の効果をお伝えします。保護者との信頼関係をつくるのが難しい…、保育者同士のコミュニケーションで悩んでる。そんな気持ちに応えるヒントがいっぱいの1冊です。
また、綴ることで、子どもの姿が見えていないことへの振り返り、保育の質の向上、なによりも保育をたのしむことができるようになる。
保育者や保育の仕事を目指している方にもイチオシです!

目次

保育をたのしめない状況が広がっている?/子どものしあわせのために/保育の質を高め、保育を楽しくするために

1章
ばら組(4歳児)とクラスだより
1 子ども・親・パートナーとの出会い
私たちの保育園/ばら組の子ども・親・担任/2010年度の3つの目標
2 私たちのクラスだよりの基本型
その日のことは、その日のうちに/「手書き」にこだわる/実名を出す/感想欄をもうける/その他
2章
クラスだよりでつづるばら組(4歳児)の1年
「クラスだより」を読んでいただく前に/クラスだより
3章
1年を振り返って〜「クラスだより」にかけた私たちの思い
1 「クラスだより」はキャッチボール(小黒美月)
私のモヤモヤ/運命の出会い/苦手を克服?/クラスだよりを書く/『バラエティー』スタート
2 「クラスだより」はライフワーク(高橋光幸)
書きはじめたきっかけ/これが自分の型?/つづり続ける中で学んだこと/今までとは違う1年(スペシャルな1年)
4章
響き合う保育をめざして
グローバル社会の足元で広がる孤独/つながってしあわせになる/対話/「ドキュメンテーション」と「ポートフォリオ」/親と保育者の頻繁なコミュニケーション/今こそ響き合う保育をめざして
5章
あそびの研究者から見た「おたより」保育(加用文男)

推薦します

宍戸健夫 愛知県立大学(名誉教授)
高橋・小黒保育士2人の「クラスだより」は、保育者と父母たちとの「響き合う関係」をつくる楽器のようなものです。いつのまにか父母たちを、いっしょになって、子どもたちの成長を喜びあう「大家族」にさせてしまっています。
その秘密は、クラスの「本気であそぶ」保育にあります。楽しい子育てをめざす父母たち、保育者たちにぜひ読んでいただきたい本です。
大宮勇雄(福島大学人間発達文化学類 教授)
私たちには見慣れた世界が、子どもにはなんと新鮮で驚きに満ちた世界であることか。 何げなく繰り返される保育とは、人間についてのなんと深く、豊かな思索の場であることか。
そこのところを、心ゆくまで味わってもらいたいです!

著者プロフィール

高橋 光幸 タカハシミツユキ

東京都墨田区保育士、自治労連保育部会・事務局長、全国幼年教育研究協議会・集団づくり部会世話人

小黒 美月 コグロミツキ

東京都墨田区保育士

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません