「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

古墳は語る

古墳は語る

最新の成果で学び、楽しむ初期国家の時代
未来への歴史 第2弾

コフンハカタル

著 者
ISBN
978-4-7803-0561-6 C0321
判 型
小B6上製判
ページ数
192頁
発行年月日
2012年11月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

考古学で相次ぐ発掘の最新の成果を紹介
共和制の萌芽、国王の姿。古代国家論を再構築
古墳を見学する際の基本的な知識を網羅
文化財保存全国協議会の月刊誌好評連載の書籍化
考古学の第一人者が、基礎を解説しつつ、ここ十数年の発掘成果を踏まえ新たな視点も提示

目次

1
古墳とは何か
2
弥生墳丘墓から前方後円墳へ
3
オオヤマト古墳群から佐紀古墳群へ
4
中期の古墳
5
古墳は立体的・総合的構築物
6
後期の古墳文化
7
埴輪の種類と変遷
8
古墳が語る初期国家の形成と展開

著者プロフィール

石部 正志 イシベマサシ

元宇都宮大学教授

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません