「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

教育現場での柔道死を考える

教育現場での柔道死を考える

「子どもが死ぬ」学校でいいのか!?

キョウイクゲンバデノジュウドウシヲカンガエル

著 者
ISBN
978-4-7803-0601-9 C0037
判 型
四六判
ページ数
108頁
発行年月日
2013年02月 
価 格
定価(本体価格900円+税)
ジャンル

内容

元日本体育学会会長が、「柔道ムラ」とも言える現状を告発し、子どもの命を守る方途を提案!
相撲界では不祥事が起きると文科省が乗り出すが、毎年何名もの命が学校管理下の柔道(授業と部活)で奪われても誰も責任を取らない。「柔道ムラ」になっているのではないか!
元体育学会会長が現状、原因を探り、解決策を提示する。

目次

1
一部柔道関係者に見られる偏見
2
体育学・スポーツ科学の学術的貧困(病理、お目出度さ)
3
柔道事故をとりまく状況
4
「シゴキ文化の蔓延」、誰が責任をとっているか
5
学校管理下の死亡事故を放置してきた文科省の怠慢
6
日本における「安全文化の低さ」

著者プロフィール

山本 徳郎 ヤマモトトクロウ

奈良女子大学名誉教授・同元文学部長、元日本体育学会会長。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません