「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

経済に人間らしさを

軍医殿!腹をやられました

かもがわブックレット 195
インパール作戦ビルマ敗走記

グンイドノ!ハラヲヤラレマシタ

著 者
ISBN
978-4-7803-0673-6 C3036
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2014年01月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

「白骨街道」「靖国街道」と呼ばれた地獄の惨劇から70年!
太平洋戦争末期のインパール作戦。ビルマ(現ミャンマー)からインドに進攻する無謀な作戦で幾万人もの将兵が命を落とした。著者は軍医としてこれに従軍し奇跡的に生還し体験記を著した。2014年はインパール作戦から70年。戦場の真実を伝え、不戦の誓いを共有するために、ブックレットに再編集した。

ジャングルを敗走する将兵は飢えと伝染病に襲われ、動けなくなったものはそのまま放置された。夕暮れになると決まって「自爆死」するものが出た。

目次

第1章
コヒマへ突進 インパール作戦始まる
第2章
コヒマから撤退 「白骨街道」を敗走
第3章
イラワジ会戦と英軍の攻勢
第4章
敗戦、収容所そして帰還

著者プロフィール

中野 信夫 ナカノノブオ

1910年京都市生まれ。1941年応召、陸軍軍医としてビルマへ、インパール作戦に参戦、奇跡的に生還し中野眼科医院を再開。全国保険医団体連合会初代会長、京都府保険医協会理事長、京都医療生協理事長など歴任。2010年没。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません