「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

権利の芽吹きは足もとに

権利の芽吹きは足もとに

あたりまえに生きていくための視覚障害者運動

ケンリノメブキハアシモトニ

著 者
ISBN
978-4-7803-0712-2 C0036
判 型
四六判
ページ数
194頁
発行年月日
2014年08月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

一人からでも声をあげ、実現してきた梅尾さんの半生ー
恋愛と結婚、出産と子育て。母子手帳の「点訳版」を求める運動、名古屋での介護ヘルパー認定訴訟と「点字裁判」、命を守るバリアフリーの取り組み。「できないこと」に妥協せず、権利を求めて主張を続けてきた梅尾さんのぶれない原動力に迫る。

目次

梅尾さんと愛視協の運動
………… 中谷 雄二
歩んできた道
………… 梅尾 朱美
第一章 子どもの頃
第二章 青春の記
第三章 母として育つ日々
第四章 飛び立ちかねつ鳥にしあらねば
第五章 見えない日常のなかで
終 章 私の原点
人間への信頼と権利への渇望
………… 寺西 昭(愛知視覚障害者協議会)

編集者のコメント

見えないからこそ、見える人が気づかない権利侵害がしっかり見える。視覚障害者運動を切り開いてきた梅尾朱美さんの人間としての魅力が文章からあふれており、読む人の心をとらえます。

著者プロフィール

梅尾 朱美 ウメオアケミ

1950年9月、香川県坂出市に生まれる。現在、愛知視覚障害者協議会会長。
愛知県弁護士会「2014年度人権賞」受賞

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません