「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

原爆にも部落差別にも負けなかった人びと

原爆にも部落差別にも負けなかった人びと

広島・小さな町の戦後史

ゲンバクニモブラクサベツニモマケナカッタヒトビト

著 者
ISBN
978-4-7803-0832-7 C0036
判 型
四六判
ページ数
360頁
発行年月日
2016年06月 
価 格
定価(本体価格2,500円+税)
ジャンル

内容

川が息づいている都市・広島。そのなかに、食肉・製靴・皮革などをなりわいとする小さなまちがあった。
部落解放を求めてきたこのまちも、七一年前に投下された原子爆弾による甚大な被害を受けることとなる。このまちの人びとは、被爆の苦しみと部落差別からの解放を、より良きまちづくりのなかでめざしていく。明治生まれの福島町一致協会以来の歴史を受けつぎ、戦後をひたむきに生きてきた地域内外六十数名の声を聞き取り、たしかな民主主義のあゆみを描いた労作。

目次

第一章
川に挟まれたひょうたん状の町
第二章
貧しさと差別からの解放を求めて-中西ハルエと仲間たち
第三章
野戦病院のような診療所
第四章
部落が変わりゆく日々に
 子ども会活動を出発点にして
 キリスト教社会館が誕生した頃
 地域の仕事を支えた人たち
 親から受けつぎ、自らをつくる
第五章
被爆者として生きて
第六章
差別を乗り越え、地域を変えるために-人間の苦しみに寄りそって
 教師たちはどう向き合ったのか
 地域で教育と文化を育む力
 人間の尊厳を問い続けて
 変貌した町を見つめる
 宗教者として問い続ける

基金奨励賞

第22回平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞を受賞しました

編集者のコメント

部落問題と原爆という20世紀に解決すべきだった課題に、広島の小さな町の人びとはどのように取り組んできたのか。自立と民主主義を実現する名もなき人びとのいとなみ。

読者の声

投稿者:56歳 男性 会社員

評価: ☆☆☆☆
無名の多彩な人々の織りなす物語は、過酷で重い。しかし、現在から未来に向かってまっすぐにじぐざぐに展望が開かれてゆく。著者の著作は20数年前の『ある歓喜の歌』以来の巡り合わせであった。小松裕一郎という希有な活動家を中心に描かれた同書に目を瞑ったが、その筆力は本書においても遺憾なく発揮され感動を新たにした。

著者プロフィール

大塚 茂樹 オオツカシゲキ

ノンフィクション作家。元岩波書店編集者。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

しんぶん赤旗[2016年10月30日]に紹介

歴史地理教育[2016年10月号]に紹介

ジャーナリスト[2016年9月25日]に紹介

毎日新聞[2016年8月28日]に紹介

琉球新聞[2016年8月7日]に紹介

北海道新聞[2016年8月14日]に紹介

週刊現代[2016年8月20日・27日]に紹介

地域と人権[2016年7月15日]に紹介

東京新聞[2016年7月17日]に紹介